読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物欲上等!

カメラ機材とか天体撮影機材とか登山道具なんかの紹介していきます

望遠レンズの被写体

元々は広角レンズが好きだったんですけどね。

登山とかすると広角レンズの方が楽しかったりする訳です。

登山道であまり下がれないし、下手に下がると落ちちゃったりするし。

 

屋久島行った時も、登山道が狭いのに屋久杉はデカいわけですよ。

そうなると、広角じゃないと全体像が入らない。

あとお祭りの時とか、晴天でF8くらい絞ると適当に撮ってもだいたい映っているのが良い。広角の流し撮りとかも面白い(あんまりやったことないけど)。

まあ、そんなこんなで登山とかお祭りは広角。

 

さて望遠なんですけどね。

子供が野外スポーツやってる頃はよかったんですけど、引退しちゃったので撮るものがなくなりました。

芸術的な写真なんか撮れないので、被写体を考えると、まあ飛行機とか鳥とか天体なんです。

天体は綺麗に撮れると楽しいんだけど、撮影のチャンスがなかなか無いんですよね。

平日の夜に撮影に繰り出すほど元気じゃないし。

土曜日の夜が晴れていて、寒すぎなくて、ビールを飲むことを我慢できる。

そんな日じゃないと撮影にいけない。

 

それに比べて鳥は良いんだよね。

晴れてても曇っていても良いんだもん。

 

実のところ鳥が好きだったわけでも無いんですけど、望遠レンズの威力を感じるのに良い被写体なんです。

羽の細かいところとか解像してたりすると最高です。

レンズテストやっているような感じなんですけどね。

 

でも鳥を撮るようになって、町中で見る鳥が気になってきて

色んな鳥がいるんだなあ、とか思うわけですよ。

 

うん、青い鳥とか赤い鳥とか撮りたいなあ。