読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物欲上等!

カメラ機材とか天体撮影機材とか登山道具なんかの紹介していきます

EOS Kiss X7

たまにはカメラの記事もね。

いま持ってるデジカメ紹介します。

 現在所有しているのは、EOS kiss x7、EOS M2、Powershot G16、それから天体仕様のEOS Kiss X2

 
どれもこれも今更レビューするような物では無いのですが、一番出動が多いのがEOS M2で、所有機の中で一番出来る子がX7となります。
 
 
もともとEOS Kiss X240Dを所有していて、どちらも写りに不満は無かったんですが、高感度が必要になり2台とも処分しました。(現在所有している天体X2は買い直し)
 
高感度が必要になった理由は子供が剣道を始めたからで、薄暗い環境でも撮影するためには7〜8年前のカメラでは高感度耐性が不足するようになりました。
 
先にEOS M2を所有しており、高感度は申し分なかったのですか、動きものの対応は無理でした。 
そんなこんなでスポーツ撮りにも対応できるよう購入したのが、EOS kiss X7です。
 
X7については、既にいろんなところでレビューされていると思うので、他人のレビューを借ります。
 
 
これだと記事を書いている意味が無いので、もう少しだけ僕が個人的に感じる部分を記述します。
 

良いところ

 

なんといっても小さくて軽い

X7はこの点に尽きますよね。

370gっすよ

M2(238g)と変わらないまでは言わないけど、かなり軽いです。

 

でも付けるレンズが重いので、実際の総重量は重くなります。パンケーキレンズも有りますが、パンケーキ付けるくらいならM2を持ち出します。

 

 

新しいなりに高感度が使える

X2や40Dとは全然違いますね。

ISO3200辺りも許容範囲ですもん。

デジタルものは新しいに限ります。

6Dも考えましたが、X7で充分でした。

 

  

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6Dボディ EOS6D

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6Dボディ EOS6D

 

 

  

 

それなりにAFが使える

これは被写体にもよるでしょうが、日の丸構図でOKな室内スポーツであれば、センター一点で問題なく追従します。

この点だけが心配で、70D、8000Dと迷いましたが、僕の用途ではX7でも充分でした。

 

  

  

 

残念なところ

 

Wi-Fiが使えない

これは残念でしたね。
代わりにEye-Fiを入れてWi-Fiによるデータ転送を実現しています。
 
悪いところはこんなもんですかね。
すごく満足しています。
 
やっぱボディーは新しいのが良いですね。
 
室内スポーツ撮影については、また別な機会に記事を書こうかと思います。