読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物欲上等!

カメラ機材とか天体撮影機材とか登山道具なんかの紹介していきます

ビデオ雲台買った マンフロット MVH502AV

届いたわーい、

 f:id:hirohiro2k:20170311220528j:image

 

雲台一個なのに箱でかくない?

 

f:id:hirohiro2k:20170311220550j:image

 

ああ、雲台もでかい。

やっぱ一万円超える雲台は違いますね。


後でレビューします。

ジンバル雲台が欲しい2 (マンフロット MVH502AH)ビデオ雲台かなあ

 

hirocame.hatenablog.com 

 

 

ジンバル雲台が欲しいとか思ってたんですけどね。

ちょっとまたぶれています。

 

ビデオ雲台でいいかな?

あのヌルッとした感覚って超望遠にはすっごい良いんですよね。

 

カウンターバランスが取れるってしらなかったんですけど、マンフロットのMVH502とかって、カウンターバランス4kgとか取れるみたいっすよ。

 

 

でも、それ以上のカウンターバランスが欲しくなると、雲台の底がフラットじゃなくて半球のやつになるんですね。

 

今持ってるレンズは456だし、カメラ本体はx7だからフラットベースの502で十分じゃないでしょうかね。

 

という事で、ほぼこれを買うんじゃなかろうか。

3月中に買ってしまう可能性大。

 

ジンバル雲台が欲しい

ジンバル雲台

またニッチなところに物欲がですね、

 

アマゾンで買った2〜3千円くらいのビデオ雲台で、EF400mm f5.6とか使ってたんですけど、カウンターバランスとか取れないので使いにくいんです。

 

フリーストップできるのがジンバル雲台

 

 

高いんすよ。

アマゾンで1万前後のものもあるんですけどアーム部分が狭くて、どうやら太いレンズは使えないみたいなんですよね。

 

自作も考えたんですけど鋼製が必要なので、ちょっと厳しいかなあ。

フォーク部品という選択肢もあるようなんですが、バランスが取れるとは思えないんですよね。

 

手持ち撮影でやっているうちは要らんのですけど、600mmクラスでシャープに写るレンズを導入しようとすると大砲級になっちゃうので準備しておきたいんですよね。

 

その前に写真撮れっていうのはナシで。

書斎用のチェアが欲しい

生意気に書斎がありましてね。

 

ちょっとしたスペースが有って

物置と化していたんですが、書斎化して読書とかするスペースにしました。

 

f:id:hirohiro2k:20170301153456j:image

 

欲しくなっちゃったのがリクライニングする社長椅子。

 

 

ただ、レビューとか読んでみると合皮だと2〜3年で剥げてくるみたいなんです。

合皮にもPUとかPVCとかあって、昔からある通気性のない合皮がPVCで最近の柔らかいやつがPUなんですと。

 

耐久性でいうと PVC>PUで

座り心地でいうと PU>PVCって感じみたい

 

本革だと剥げないみたいなんですけどね。

 

でも3万でしょ〜

 

カリモクとかいいですけどね

 

 

お値段もいいですね。

 

まあ、いろんな逡巡がございましてたどり着いたのがこれです。

 

 

結構いいですよ。

リクライニング固いけど。

低くなるのが良いです。

でも任意の角度で止めたりできません、

 

お金貯めて本革のチェア買おう。

 

サボっちゃった On-Lap1101P つづき

前の記事から随分サボっちゃいました。

忙しいとダメですね。

 

On-Lap 1101Pを買った - 物欲上等!

 

 

前に買ったOn-Lap1101PはすっかりAmazonビデオを観るディスプレイになっちゃってます。

 

iPhoneに繋げて観るときは、アプリによっては画面が縦画面になっちゃうのがダメなところですね。

 

あと音はイマイチです。

でもiPhoneからイヤホン経由で音出すことも出来るので、良い音で鑑賞しようとしたら色々方法は有りますね。

On-Lap 1101Pを買った

On-Lap1101Pってやつを買いました。

サブディスプレイです。

 

 

 

何でサブディスプレイ?

って思うかもしれないけど、前から欲しかったんですよね。

以下の活用シーンがあります。

 

  1. デジイチ用、撮影後写真確認用
  2. デジイチ用、ライブビュー撮影用
  3. PCに繋げてサブディスプレイ
  4. iPhoneに繋げて拡大表示
  5. JCOMのSTBに繋げて一人観賞用

 

地味なんだけど結構利用シーンが有るんです。

 

特に3〜4は仕事で日常的に使います。普段もサブディスプレイは使ってるんですけど、会議室に移動したり出張の時とか急に不便になるんですよね。

 

1〜2に関しては、EOS X7クラスだとペンダハミラーなのでファインダーが見にくい。撮った後の画像確認でピントが来てるかよく分からない。という点が改善されるんですよね。

天体撮影の時はピント合わせにも便利。

 

そんなこんなで前から欲しかったんですが、買っちゃいました。

 

フルHDでUSB給電って辺りで衝動買いでした。

 

使ってみてレビューします。

SUNWAYFOTO SSB-1 アルカスイス インデックス ストップ バー SSB-1

こんなの買いました。

最近気に入ってるSUNWAYFOTOです。

 

 

 

何に使うか分からないですよね。

ただのクランプなんですけど、細くて軽くてこれ自体を固定するネジ穴等はありません。

 

長めのアルカスイスプレートとかクランプに止めてると滑り落ちる不安が有るんですけど、こいつをはめてるとストッパーになります。

通常プレートの両側に付いているネジと違って取り外しが簡単な所が良いです。